d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

コストが心配だったウォーターサーバーを契約してみた

私は2010年頃からピュアウォーターを扱うクリクラのウォーターサーバーを利用し始め、現在も利用し続けています。きっかけとなったのは私の勤めている会社でウォーターサーバーの無料レンタルをしたのがきっかけです。サーバーを利用する前は自宅で水道に直接取り付けるタイプの浄水器を使っていました。我が家は以前から美味しくないと言われている金町浄水場の水が供給されている地域のため、ずいぶん前から飲み水に関しては浄水器中心にしていました。しかし浄水器を使ったお茶を飲んでも、なぜか美味しいと感じられませんでした。

 

普段よく行く美容院で飲むウォーターサーバーを利用したお茶は美味しく感じられたので、ウォーターサーバーのお水が美味しいというのは以前から薄々気がついてはいました。ただコスト面が心配で導入をためらっていましたが、思い切ってレンタルを始めてみました。すると重い水を買わなくていいという点や、小さい子でも自分でサーバーから水をコップに入れられるため私の負担が軽減しました。中でも一番のメリットはやはり震災の時に感じました「水がある」という安心感です。

 

震災後にあって良かったと感じたウォーターサーバー

大きな地震があると、あっという間にお店から水がなくなります。多少の蓄えがあっても東日本大震災の時の場合ならば、水道水からヨウ素が検出されたこともあって、自動販売機の水ですら売り切れ続出となり、当時0歳児の赤ちゃんがいた私には安全な水の確保が気になることでした。幸いクリクラに契約をしていましたので、最低限の水は手に入り、赤ちゃんの離乳食などにはクリクラの水を使うことが出来ました。今では飲み水を始め炊飯、煮物などの料理でもクリクラのお水を使用しています。

 

現在子供も3人水筒持参で外出しますので、麦茶は毎日たくさん作らなくてはなりませんからクリクラのお水はなくてはならないものとして大活躍しています。水筒に入れる氷も当然クリクラのお水を使用中です。そのため1ヶ月の水の利用量は最低10本以上で、月によって量は変わります。クリクラの欠点をあげるとするならば、空になったボトルもスペースを使うので在庫管理の際に常にスペースが必要になる事と、12リットルを持ち上げて載せなくてはいけないので妊娠中などお腹に負担をかけてはいけない人には使いにくい点でしょうか。

 

私も妊娠中にボトルの交換が出来ず、夫に毎回お願いしなくてはいけませんでした。いずれサーバーの形が変化し、下に入れられるタイプもレンタルしてくれると助かります。また、宅配便の業者が配達してくれるわけではないので、自分の都合のいい時間帯に受け取る事がやや困難で、クリクラの方を待って出かけなくてはならない、という部分も少し不便です。
(43歳・女性・自営業・東京都)

 

スポンサーリンク



その他のウォーターサーバー体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:非常識が常識になる画期的な発明だと思う

ウォーターサーバー体験談:喉に引っかからないピュアウォーター!

失敗は成功の元!不便に感じた体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:生活は便利になったよ? 玄関が1階になければもっとね…