IMG_2010ISUMI_TP_V

はじめは必要ないと思っていたウォーターサーバー

千葉県に住む34歳、女性です。普段は、家事育児の傍らスパイス講師として活動しています。
我が家にウォーターサーバーを取り入れてから、ちょうど1年が経とうとしています。
以前から友達の家にお邪魔すると置かれていたりと、身近でも目にする機会があったためウォーターサーバーが気にはなってはいました。
調べてみれば色々なメーカーや水の産地があり、これと言った決定打もなく結局「ま、いらないか。」という結論に至っていましたが、あったら便利だろうな、とは思っていました。

 

その理由としては、我が家には自動車がないし、冷蔵庫に飲み物が入りきらないからです。
毎年暑い季節が来ると、毎日のように近所のドラックストアまで自転車をこいで2リットルのペットボトルを数本買っており、特売日には、何往復もしたものです。
自宅で麦茶を煮出したりして作っていましたが、作ったからと言ってすぐに飲める物でもなく、かと言って、麦茶ボトルを数本作るとそれだけで冷蔵庫が埋まってしまいます。
また、ペットボトルも冷やすとなると、冷蔵庫には飲料以外何も入らない状況になり、不便さを感じてはいました。

 

 

展示場で話を聞いて契約

そんなある日、地元のショッピングモールに出掛けた際、展示場でウォーターサーバーのお試し会が開催されていました。
「以前調べていた中で、もし我が家に取り入れるならこれが良いな。」と思っていたサーバーがあったので、側によってまじまじと見学をしていると、メーカーの営業の方がいらっしゃいました。
そして、私はここぞとばかりに質問を繰り返し、気分的にスッキリしてから、その場で利用を決めました。
申込用紙に記入しながら、もう一つ疑問がわきました。

 

それは、我が家では1か月の水の消費量は、一体どのぐらいなんだろうということです。
当然、その量によって月々の利用料金も変わってくるのです。
先ほど質問を繰り返しさせていただいていた営業の方と再度色々お話をしました。
そのメーカーさんを利用されている方で多いのは「3週間に1度24リットルのお届け」ということでしたので、私もそのプランで契約することにしました。
もし、実際使ってみて多過ぎたり少なすぎたりしたら、電話一本で変えられるとのこでしたが、結局1年経とうとしている今も「3週間に1度24リットル」が届けられています。

 

このプランではちょうど飲み終わる頃に次の分が届けられるので、助かっています。
1か月で計算したことはありませんが、恐らく30リットルぐらいは消費していることになるかと思います。
それが多いのか少ないのかは分かりませんが、でも2リットルのペットボトル15本分と考えると、妥当なのかな?という気もします。
その15本を自転車で運ばなくて良いことが、どれだけ私が助かることか。
ウォーターサーバーのおかげで、昨夏は炎天下の中自転車を走らせる回数が減りました。

 

 

唯一後悔の残る「サーバーのタイプ」

ただ、一つ困ったことがあります。
それは、ボトル交換です。
12リットルのボトルを自分とほぼ同じ目線の高さまで持ち上げて、交換するのです。
最初は、足元で楽々交換できるタイプにしようかと思っていたのですが、それもボトルだけを交換するのではなく、結局バケツのような容器に入れなくてはいけないと知り、迷った挙句よくあるボトルが上に来る物にしました。
1年経った今唯一後悔することと言えば、やっぱり足元で交換できるタイプにすれば良かったかな、と思うことぐらいです。

 

ウォーターサーバーを知った実母が「自分が高齢になったら、家にも置こうかな。」と先日言ってましたが、その時には絶対に足元で交換できるものを勧めたいと思います。
私が利用しているのは、コスモウォーターさんの「富士山麗 富士のつぼみ」です。
どうせならと思い、天然水にしました。
最初はウォーターサーバーにあまり賛同的ではなかった主人も、今ではこれなしでは生活できないようです。

スポンサーリンク


その他のウォーターサーバー体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:非常識が常識になる画期的な発明だと思う

ウォーターサーバー体験談:喉に引っかからないピュアウォーター!

失敗は成功の元!不便に感じた体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:生活は便利になったよ? 玄関が1階になければもっとね…