PAK95_bie-nnanjyu_TP_V

泣いてるときに直ぐにあげられなかったのがストレスになっていたのがきっかけ

 

四十歳女性、主婦、愛知県在住です。
ウォーターサーバーは、子供が生まれた2012年から保育園入園の2015年まで利用していました。
導入のきっかけは、新生児のミルクを作るのに便利だと聞いていたからです。
生まれたばかりの頃は、やかんでお湯を沸かし、その都度冷ましてミルクを作っていました。
ですが、これが大変面倒になってきました。

 

子供はミルクをほしがって泣いているのに、すぐに与えてやれないこともストレスになりました。
とにかく大泣きする子供だったので、さっさと哺乳瓶をくわえさせてやりたい、と心の底から感じました。
特に夜間は辛かったです。
そんな折、テレビのCMやネットの口コミでウォーターサーバーのことを知り、注文してみました。
それまで、ウォーターサーバーなど贅沢だと考えていたのですが、いざ届いてみるとその便利さにひたすら関心してしまいました。

 

冷たい水とお湯がすぐに出るので、ミルクの調合が簡単です。
お腹がすいて泣いている子供に、さっと哺乳瓶を出してやることができました。
そのことは、子供が大きくなり、ミルクの量が多くなってきたときにさらに実感しました。
わざわざやかんで沸かしていては到底間に合いません。

 

 

子供が寝ているタイミングでコーヒーでくつろげました

 

また、夜中の授乳がなくなると、ウォーターサーバーも不要かと考えたことが実はありました。
が、そうなると子供はお腹がぺこぺこで起きてきますので、直ぐにミルクを欲しがって暴れます。
そのときにもすぐ作ってあげられるのでよかったです。
それに、大人もけっこう飲みました。
睡眠時間が不安定な子供に合わせて生活をしていると、ちょっと寝てくれた時間がとても貴重に感じられます。
そのときに、わざわざお湯をわかさなくてもコーヒーが飲めるのはよかったです。

 

味もまろやかですし、冷水でもよく利用しました。
最初はミルク用にと思って導入しましたが、結局、大人のコーヒータイム、食事の時間にも利用するようになり、一ヶ月でボトル二回か三回交換したので、24リットルから48リットルを消費していました。
私が利用したのはアクアクララです。
赤ちゃん用のプラン、ベビクララというものがあり、注文の際に興味を持ったのでそれを選びました。
RO膜という膜で浄水しているピュアウォーターで、健康面でも安心でした。

 

子供が保育園に入り、麦茶を飲むことが多くなったので解約しましたが、その折もとてもスムーズでした。
しかし、やはりあると便利なので、また使ってみようかと検討中です。

 
スポンサーリンク


その他のウォーターサーバー体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:非常識が常識になる画期的な発明だと思う

ウォーターサーバー体験談:喉に引っかからないピュアウォーター!

失敗は成功の元!不便に感じた体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:生活は便利になったよ? 玄関が1階になければもっとね…