earth-238368_640

グローバル化の影響が環境を破壊し水の需要が上がっていると感じる

 

現在は、東北地方の宮城県に住んでいて、年代・性別は40代の男性で会社員をしています。
グローバル化により、世の中の流れの動きは国境を越えて移動する時代に変貌しました。
その代表的な出来事として海の国でもある英国が国民投票によりEUを離脱することが確定した歴史的な革命が起きてしまいました。

 

グローバル化により、エスタブリッシュメント層と庶民層の対立と、陸の国であるドイツなどのEU諸国との歴史的背景や文化の違いから生じたのではないのでしょうか?
グローバル化が生んだ結果として、自然が破壊されて環境汚染問題が深刻化しています。
また人間の生命を維持するのには必要不可欠な「水」については、ウォーターサーバーを初めとして様々な水が市場に出回っているなと最近感じています。

 

 

引越しの度に水道水を不味く感じ我慢できなくなった

 

現在は、生まれた所とは別な市町村に住んでいますが、以前住んでいた所では「ウォーターサーバー」については、全く検討していませんでした。
その理由としましては、水道水の水源は、地下水から汲み上げていてとてもおいしかった事が記憶に残っている事と、その他に生活圏内に自然の湧水が採取出来るスホットがあり、昼夜問わず水を採取することが出来る環境にいましたので、ウォーターサーバーとは無縁の生活を送っていました。

 

ウォーターサーバーを利用したいなと思うようになったのは、生まれた市町村から引っ越しをしてからでした。
初めて、別な市町村引っ越して印象的だったのは、水道水の味が全くと言っていい程異なっていて、自分の口に合わなくて我慢して飲んでいたのが記憶として残っていますね。
2度目の引っ越しをしてからは、ますます「ウォーターサーバー」を利用したいと思いが強くなりました。
その理由としましては、その前に住んでいた所よりもカルキ臭が強くて、好き嫌いがはっきりしている自分にとっては、その水道水を飲めるような状態ではありませんでした。

 

最近、利用しているポイントサイトで、ウォーターサーバーのキャンペーンをやっていたので、応募してみましたが、結果としては成功でした。
ポイントも付与されて、それに加えて6,000円分の商品券もゲットできました。
利用しているウォーターサーバーは、キリンの「AQUWISH」で、契約してから半年になります。
契約した理由としましては、前段の説明のように、水道水が口に合わなかったことと、ポイントと商品券を同時に獲得できるイベントをやっていた事でした。

 

主に、調理する時や飲用する時に利用していて、一ヶ月当たりの消費量は、10リットル前後です。
天然水を利用していて、自分の口にも合っているので、満足はしています。
唯一の欠点を挙げるとするならば、契約内容により予め配達される水量が決まっていて、平日なんかは自宅にいる時間の方が少ないので、消費できなくて持て余してしまうことですね。
毎日のように在宅していれば、丁度いい水量ではないでしょうか?
しかし、飲み口は合いますので、飲料水についての悩みが解決できた事は大きな効果があったと感じています。

 
スポンサーリンク


その他のウォーターサーバー体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:非常識が常識になる画期的な発明だと思う

ウォーターサーバー体験談:喉に引っかからないピュアウォーター!

失敗は成功の元!不便に感じた体験談はこちら
ウォーターサーバー体験談:生活は便利になったよ? 玄関が1階になければもっとね…