0I9A350615032140wakaranai_TP_V

家電量販店に行くと試飲できることもあるウォーターサーバーですが、漠然と「ウォーターサーバーに興味がわいた」という方の中にはウォーターサーバーのメリット、デメリットについてあまり意識していなかった、又は気にはなるけどよく分かっていないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回はウォーターサーバーを利用することのメリット、デメリットを紹介します。

メリット

  • 冷水・温水が直ぐに飲める
  • 買いに行く手間が省ける
  • 家まで水を届けてくれる
  • デザイン性が高い
  • ペットボトルをまとめ買いするよりも場所を取らない・ゴミが減らせる
  • 災害時のストックとしても使用できる

冷水・温水が直ぐに飲める

drip-934949_640

ウォーターサーバーは内部に温水(平均80℃前後)と冷水(平均4℃前後)のタンクがある為、直ぐに冷たい水を飲むことも出来ますし、珈琲などを淹れることも出来ます。
電気ポットは沸かして保温したまま放置していると中のお湯が蒸発して空焚きが起きてしまう危険性があります。
これに対してウォーターサーバーの場合ボトルからタンクに自動で給水してくれる上にボトルの水が無くなると温水が出なくなるなど、空焚きを防止する機能があります。

 

ポットのお湯を入れ替えたり定期的に補充したりといった手間がないにも関わらず電気代は電気ポットと同等、又はそれ以下となります。
冷水に関してはペットボトルであれば冷蔵庫で冷やす必要がある為冷蔵庫内のスペースをとってしまいますし、戻し忘れや補充し忘れといったうっかりで冷水が飲めなくなってしまうこともあります。
また、冷蔵庫は用量いっぱいにすればするほど、出し入れが頻繁になればなるほど電気代が高くなってしまいます。
ウォーターサーバーであれば常時冷水となっていますし、冷やし忘れなどの心配も無くなります。

 

買いに行く手間が省ける・家まで水を届けてくれる

ペットボトルの水をスーパーに買いに行くと、その本数により2kg単位で重くなります。
500mlのペットボトルの場合1本の重さは軽くなりますが飲みきるのがはやくなる為その分多く買わなければならず、重い荷物になるのは変わりません。
また買い物を終えて帰宅してから「水を買い忘れた」という場合にそのままでいれば水は水道水しかありませんが、もう一度買いに行くのも面倒になってしまいます。
ウォーターサーバーはほとんどのメーカーが定期配送である為買いに行かなくても届けてくれますし、買い忘れもありません。

 

アルピナウォーターなど定期配送の無いメーカーもありますのでその様なメーカーの場合は注意が必要です。
通販でペットボトルの水を買えば家に届けてはくれますが、注文は随時である為忘れてしまえば買いに行く必要が出てきてしまいます。
水道直結型のウォーターサーバーの場合、多くの場合逆浸透膜(RO膜)と通したピュアウォーター(純水)でありクリクラとほぼ同じ品質ですので、買いに行く手間も届いたボトルを運ぶ手間も省くことが出来ます。

 

デザイン性が高い

ペットボトルを積み重ねているよりも当然ながら見栄えはいいです。
企業などで設置されていたり家電量販店に置いてあるウォーターサーバーを見れば分かると思いますが、近年のウォーターサーバーはデザイン性も高くインテリアとしての効果もあります。
お子様の興味も引きますので、「今までジュースを飲みたがっていた子供が自分から水を飲むようになった」といった体験談も多くあります。

 

ペットボトルをまとめ買いするよりも場所を取らない・ゴミが減らせる

ペットボトルをまとめ買いする場合はケース単位で購入することが多いですが、この場合はペットボトル以外にもダンボールのゴミがかさみます。
またペットボトルであれば最大2Lで1本ですが、ウォーターサーバーであれば12L、9Lで1本のボトルであったり、7Lのパックという形になっていますのでゴミの量が大幅に減らせます。
リユース型のガロンボトルであればボトルは再利用されますので、2Lペットボトル6本分(500mlであれば24本分)のゴミを減らすことが出来ます。
水道直結型のウォーターサーバーの場合はボトルの緩衝材(ダンボール等)も削減することが出来ます。

 

災害時のストックとしても使用できる

ウォーターサーバーはほとんどの場合は電気が通っていなくても使用出来ます。
冷やしたり温めたりといった事は出来ないので常温になってしまいますが、「災害時に電気も水道も止まってしまった」といった状況でも備蓄してある水を利用することが出来ますので、災害に対する対策にもなります。
水道直結型のウォーターサーバーに関しては備蓄は出来ないので注意が必要です。

 

このようにメリットの多いウォーターサーバーですが、デメリットもあります。
デメリットの無いものは存在しないと考えたほうがいいので、メリットを聞いた場合はデメリットも確認しましょう。

 

デメリット

  • 電気代
  • ボトルの交換
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの駆動音
  • 温水の温度
  • 水を定期的に購入しなければならない(月のノルマ)
  • 解約手数料(サーバー引取り料)
  • メンテナンス

電気代

PAK23_notedentaku20140312_TP_V

サーバー自体が電力を必要とする装置なので電気代は掛かってしまいます。
金額としては電気ポットとほぼ同等の1,000円/月が主流でしたが、現在は省電力のサーバーが増えてきているため400~800円であることが多いです。
またこの金額がこれまでの電気代にそのまま加算されるというわけではなく、水を冷蔵庫に入れなくなった分冷蔵庫の電気代が安くなったり、電気ポットやケトルなどを使用しなくなる分でこれまでと変わらなくなるケースもあるようです。
とはいえこれまで電気ケトルでその都度お湯を沸かし冷蔵庫も空スペース、扉を開ける時間を常に意識してきたご家庭では高くなってしまうでしょう。

 

ボトルの交換

サーバーの上部に12Lボトルを設置するタイプではお年寄りやお子様、妊娠中の女性などではボトルの交換が大変になってしまいます。
現在はサーバーの下部にボトルを設置するタイプや7Lのパックを使用するタイプなど従来のタイプよりも力が必要の無い水ボトルもありますし、水道直結型であればボトルの交換自体が必要ないので、家族構成に合ったサーバーの選択をすることが出来ます。

 

サーバーの設置場所・サーバーの駆動音

通常サイズのサーバーでは30×35cmというスペースを確保しなければなりません。
このときにあまり壁に囲まれた場所に設置してしまうと排熱が上手くいかずに熱が篭ってしまうこともあるので、スペースの確保はデメリットとなるでしょう。
また保温、保冷をしている為冷蔵庫と同様に駆動音がします。
その他にも保温し続けた結果温水の量が減ればボトルからタンクに水が移動するので、使用していない深夜であってもボトルから水が抜ける「ボコボコ」といった音がします。
その為寝室などに設置してしまうと駆動音などでうるさく感じてしまうケースが存在します。

 

温水の温度

ウォーターサーバーの温水は大体80℃前後のものが多くあります。
この温度は粉ミルクからミルクを調乳する際に「75℃以上でなおかつ熱過ぎない」という適温になっています。
また煎茶を淹れる際の適温にもなっています(玉露の適温は60℃なので熱過ぎる)ので、煎茶を淹れる際にも適しています。
インスタントコーヒーも溶かした後にすぐ飲める温度ですので便利です。
しかし沸騰したてのお湯で入れた方が美味しいとされる紅茶を淹れるには低温すぎますし、豆から淹れる場合の珈琲は抽出時には90℃以上の温度は欲しいのです。

 

なにより問題なのはカップめんなどを作るときでしょう。
近年固麺の状態で食べるように設計されているとんこつラーメン等は待ち時間が1分なのでそこまで温くなりませんが、世界一有名なヌードルなど3分待つものとなると元が80℃では食べる頃には温く感じてしまいます。
カップめん自体が沸騰したお湯を前提に作られていますので、80℃前後のお湯では低温になってしまいます。

 

水を定期的に購入しなければならない(月のノルマ)

ウォーターサーバーの水はほとんどのメーカーで「定期配送」になっています。
これはいちいち注文する手間が省けているとも言えますが、裏を返せば「一定以上の消費が強いられている」とも言えます。
月によって水の消費量が大幅に変わりほとんど消費しない月が数ヶ月続くなどという場合には、この月のノルマが重く感じてしまいます。

 

解約手数料(サーバー引取り料)

YUUKI150321140I9A4377_TP_V

 

 

 

 

 

 

ほとんどのメーカーは短期間での解約に対し「解約手数料」を要求してきます。
初期設置費用や水の配送料などをメーカー側で負担して長く続けやすいようになっている為なのですが、サーバーを導入して直ぐに想像と異なってしまうなどで解約したくなるケースではこの解約手数料が重くのしかかります。
メーカーによっては無料お試しを実施しているので、そちらから導入すると想像と実際の誤差を修正できるでしょう。

 

メンテナンス

メーカーによってはメンテナンスフリー(メンテナンスが必要ない)としているところもありますが、基本的に定期的なメンテナンス、又はサーバーの交換を行なっています。
その他にも定期メンテナンスを行なわずにセルフメンテナンスを行わなければならない場合もありますので、事前に確認が必要なポイントとなります。

 

ウォーターサーバーにはこのようなメリット、デメリットがあります。
これらは多くの場合「このようなメリットが強いサーバーが良い」「このデメリットがあるサーバーは嫌だ」といった要望をまとめると理想に近いウォーターサーバーを扱うメーカーを見つけることができますので、事前にメリット、デメリットを把握するようにするといいでしょう。

 

 

まとめ

 

 

 

  • ウォーターサーバーにはメリット、デメリットがある
  • 買う、冷やす、沸かす手間が省ける
  • ペットボトルよりもゴミが少ない
  • 災害時の備蓄にもなる
  • 電気代、スペース、音、ノルマの問題はある
  • 温水がミルクや煎茶には適しているがカップめんなどには適さない
  • 解約手数料はしっかり確認しよう

 

 

 

今回はサーバー本体、ボトルについてのメリット、デメリットに着目しました。
水そのものに関しては触れていませんが、ピュアウォーターや軟水の天然水といった様々なバリエーションがあることがメリットと言え、実はコントレックスのような硬水を扱うメーカーが今のところ存在しないのがデメリットといえます。
個人的な見解として温水の温度が低めでカップめんに適さないといっても、1分などの短い待ち時間のカップめんであれば時間になった途端にガツガツと食べられるので固麺がふやける前に食べきりたい場合などはちょうどいいと感じました。
スポンサーリンク