140726157637

水道水は実は安全

 

現在コントレックスやクリスタルガイザー等の外国産の天然水や富士山や南アルプスなどから採水した国産の天然水といった国内外の天然水、アルカリイオン水や水素水、ピュアウォーターといった水を加工した水など、様々な種類の水が存在します。
これらの水を勧められるときに、「水道水は良くないから」という理由で勧められることがあるのではないでしょうか?
しかし経済的な面と、ある意味医学的な観点で見れば水道水が最も「良い飲み水」ということになります。
そもそも水道水が良くないと言われているのは水に雑菌が繁殖しないようにする為の塩素が含まれている点、及び水道管が経年劣化などで錆びたときに、その錆が水に溶けだしてしまっていると言われているからです。

 

そもそも水道水は水道水質基準により水質が保障されています。
この基準は人が生涯にわたり飲み続けたとしても健康に影響しないよう設定されていますので、他の水を勧める、又は浄水器を勧める業者のいう「水道水は体に悪い」という言葉はあまり正しくありません。
塩素に関して言っても水質を保つ事ができて健康に影響しない濃度を保つように設備がなされていますので心配はありません。
残留塩素によるカルキ臭や水道管の不純物の混入が気になる場合は浄水器を設置すれば良いでしょう。

 

このときに設置する浄水器についても、悪質な訪問販売で売られる無意味に高額な浄水器である必要はありません。
流石に100円ショップで販売しているものではカルキ臭が除去できるのか疑問なので大丈夫であるとはいいませんが、元々有害物質について厳しい水質基準を設けられている以上よくある13項目の物質を除去する10,000円するようなものは必要なく、数千円程度のもので十分でしょう。
その浄水器のフィルター交換にかかる費用と水道代以外はかからないので、経済的な面で最も良い水と言えるのは水道水でしょう。

 

また、服薬の際に使われる水としても水道水は適しています。
軟水のミネラルウォーターであれば問題はありませんし、最も適しているといえるのはピュアウォーターではありますが、コスパも良く薬を飲むのにちょうど良いと言えるのは、水道水です。
「水道水は飲み水に適している」という前提を置いた上で、「水道水は不味い」「何を言われても水道水は気になるから飲みたくない」「どうせ飲むなら健康に良い水が良い」ということもあると思います。
そのときに「何を重視するか」により、良い飲み水というものは変わります。
そこで「何が良い水なのか?」ではなく「この水はどう良いのか」という紹介の仕方をさせていただきます。

 

 

天然水(ミネラルウォーター)の飲用水としての特徴

 

天然水は各採水地から汲んできた水を殺菌消毒してボトリングをされるなどで市場に出ています。
東日本大震災直後では水道水に放射性ヨウ素が検出されたことによりそれまで一般的ではなかった「水を買う」という習慣が浸透したことにより、ミネラルウォーターの愛飲者が増えています。
ミネラルウォーターの特徴としては味でしょう。
一般的に水の味は含まれているミネラル分によるものとされており、ほぼ不純物が含まれていない純水よりもミネラル分が含まれているミネラルウォーターの方が美味しいと言われています。

 

とはいえミネラル分は増えれば増えるほど美味しいと言うわけではなく、ミネラル分が多い硬水は味の癖が強くエグ味を感じる事が多いようなので、味に関しては個人の好みが強く出るようです。
このマグネシウムやカルシウム等のミネラル分が多い水を硬水、ミネラル分の少ない水を軟水と呼びます。
この基準はWHOでは1L中にミネラル分が60mg以下、硬水は121mg~180mgとされています。
その中間は中硬水、181mg以上は超硬水と呼ばれ、日本の水はほとんどが軟水、外国の水のほとんどは硬水と言われています。
ミネラルの多い水は薬の成分とミネラル分(カルシウム)が反応して薬の吸収が阻害されてしまう恐れがある為、薬の服用の際にミネラルウォーターを利用しなければならない際には軟水(国内産であれば大体軟水)を選択しましょう。

 

また赤ちゃんのような内臓の働きがしっかりしていないときに硬水で作った粉ミルクを与えてしまうと肝臓に負担がかかり下痢になってしまう危険性もあります。
この下痢に関しては、成人であっても体質によっては水が合わずに下痢になってしまう事があるので注意しましょう。
水道水は汚くてミネラルウォーターは綺麗という認識でいらっしゃる方も多いですが、水質の基準に関しては水道水よりもミネラルウォーターの方が厳しくなっているのをご存知でしょうか?
ミネラルウォーターは天然水の風味を損なわせない為に、殺菌を最低限に抑えています。
それどころか、外国のミネラルウォーターに関してはアメリカ産以外のものは無殺菌となっています。

 

一応採水地が清潔な環境だから大丈夫と言っている人もいます。
しかし日本地下水学会は全国各地の名水とされている湧水、井戸水には水に感染症を引き起こす原因とされる大腸菌や一般細菌※1が含まれている可能性はあるとしており、「環境省の制定する日本の名水のいくつかに大腸菌が含まれているのは衆知のこと」としています。
日本のミネラルウォーターであれば水質基準により少なくとも大腸菌に関しては検出されず、一般細菌はわずか(1mlの検水で集落数100以下※2)であるようにされています。
因みに水道水の水質基準では一般細菌に対しても検出されないようにしなければなりません。

 

この殺菌、ろ過に関してもナチュラルミネラルウォーター、ナチュラルウォーターと呼ばれるものは沈殿・ろ過・加熱殺菌という殺菌方法に限られてしまっています。
ミネラルウォーターを購入する際は「名称」の部分にどう書いてあるかを確認して購入する方がいいでしょう。

※1 人の平熱(35~37℃)で培養される細菌全般、ほとんどが無害ではあるがピロリ菌、大腸菌もこれに含まれる
※2 1mlの水を寒天培地にたらして人の35~37℃の環境下で24時間培養した結果できる斑点のようなものが100個以下

寒天培地の培養

 

それぞれの加工水の特徴

 

これは水に一定の加工をした水のことで、不純物を無くしたり他の物質を添加しています。

 

純水(ピュアウォーター)
水を特殊なフィルター(逆浸透膜など)で不純物をほとんど無くしたもので、この不純物とは微生物やゴミだけでなく水に含まれるミネラル分も含まれます。
また、有害物質に関しても同様で、放射性セシウムなども除去されています。
純水とは水に含まれる不純物が一定以下である水のことを指しますが、一般的には逆浸透膜(RO膜)でろ過した水を指します。
純水よりも更に不純物を含まない水(完全に含まない水は現時点では存在しない)のことを超純水と呼びます。
市販されているピュアウォーターはほとんどが一度純水にしてからミネラル分を添加していますが、それでも一般的な軟水よりも硬度は低くなっています。
純水はミネラル分を含まない為粉ミルクに最適で、「赤ちゃん用の水」として販売されているものは純水です。
また、ミネラル分が雑味として出てしまう珈琲や紅茶などは純水で淹れると美味しいとされています。
また、ミネラル補給の為にミネラルウォーターを選択している方もいるかもしれませんが、ミネラルウォーターでミネラルを1日の摂取量を摂取するためには数十リットル飲んでも足りないとのことなので、ミネラルウォーターのミネラル分は赤ちゃんなどの肝臓に負担をかける分はあってもミネラル補給には適さないという量しか含まれていないようです。

 

アルカリイオン水
水を電気分解することでアルカリ性と酸性の水をそれぞれ作り出す事ができます。
この内の酸性の水を酸性水と呼び、アルカリ性の水をアルカリイオン水と呼びます。
酸性水は飲用には適さない為割愛します。
アルカリイオン水は電気分解の結果通常の水よりも水素を多く(一般的な水素水と比較するとごく僅か)含む為電解還元水素水などといった名称も存在します。
アルカリイオン水は厚生労働省に「胃腸改善効果」に関しては認められているため、胃酸過多や下痢症状などの方が症状改善の為に飲用するのは効果的です。
症状のない方も当然ながら飲めますが、胃酸が少ない方、胃の切除手術を受けた方は飲用を避けた方がいいのと、服薬のためには使用しないよう呼びかけられています。

 

水素水
水に水素を含有させた水で、飲用することで水素の抗酸化作用による活性酸素の除去効果が期待されています。
2007年に水素の抗酸化作用についての論文が提出されて以降200を超える関連論文が提出されていますが、動物実験や小規模の臨床研究が主になっている研究中の機能水となります。
厚生労働省の効果についての認可はまだ出ていない為「この水素水を飲めば活性酸素を除去して様々な病気を改善させます」といった効果効能があると売り込みをしている商品があれば薬事法違反の商品となりますので、手を出さない方が無難でしょう。
なおこれは水素水の効果を否定するものではなく、薬事法に違反した売り文句で商品を販売する会社は高額、なおかつ品質に問題のあるものが多いのでそこからは購入しないほうがいいというものです。

 

酸素水
一般的な水に酸素を含有させた水で、デトックス効果や新陳代謝の向上が期待されている水です。
とはいえ酸素水に関する論文はあまり多くなく、否定的な論文も目立ちます。
一般的に酸素水1Lに含まれている酸素量は健常人が10回呼吸したときに取り込める酸素量とのことです。
酸素ブームの際に登場し一度は注目を浴びましたが、アルカリイオン水のように効果が厚生労働省の認可を受けることも水素水のように学術論文が多く発表されているということもありません。

 

今回の「良い飲み水とはどのようなものか」という問いに対しては、安全な水という観点であれば水道水で問題はなく、味や健康面などどのようなことを重要視するかで言い飲み水は変わると言うものになります。

 

 

まとめ

  • 水道水は安全
  • 一般細菌などミネラルウォーターよりも水道水の方が安全な場合もある
  • 浄水器はカルキ臭を取り除ければ十分
  • 味や健康効果など何を重視するかでいい飲み水は変わる

 

水質基準の違いを調べてみると、私は天然水が少し怖くなりました。
特に外国のミネラルウォーターは硬度で下痢になったこともありますし(コントレックス)、無殺菌無除菌だったというのがちょっと…
学生時代寒天培地で大腸菌を培養した事がありますが、100個のコロニーというのはそれなりに存在しているように思います。
掲載している画像では100個は確実に超えていますが、水を垂らして培養してこれより少なければ大丈夫と考えられても飲む人の体調によるのではないかなぁと感じます。

 
スポンサーリンク